Takahashi’s blog

おすすめアイテム&音楽&自宅DIYなどについて!

MENU

無印良品のオススメ生活雑貨(ランドリー&掃除用品編)をご紹介!

毎日のように使う生活雑貨に、「こだわりはありますか?」、「使っているアイテムに満足していますか?」
不満がある方や、お気に入りに出会えていない方はコチラを読んで頂ければ、使いたくなるアイテムがきっと見つかります。

さて生活雑貨といえば無印良品ではないでしょうか?今回は老若男女に関係なく海外でも人気ブランドの無印良品アイテムをご紹介します。

無印良品とは?

・1980年に西友のプライベートブランドから誕生した無印良品

・1989年に西友から独立した良品計画が無印良品で様々な展開をしています。

現在、国内に458店舗もありスゴイ事なのですが、なんと海外には517店舗もあります。国内・海外の合計では975店舗あるんですよ。

      https://www.muji.com/message/img/2018/copy_g.png

 

クリックすると無印良品ネットストア  

www.muji.net

 

無印良品の超オススメのアイテム① 

アルミハンガー

このハンガーは、5年以上も愛用していますが壊れたりせず耐久性は抜群!アルミ素材なので、とても軽くて使いやすいです。衣類などを干した時にズレ落ちないよう、くぼみ付なので便利アイテムですね。
シンプルなデザインで、おしゃれなアイテムは3本セットでお買い得な商品です!

https://img.muji.net/img/item/4547315915620_1260.jpg

 

無印良品の超オススメのアイテム② 

ブナ材薄型ハンガー

ジャケットやコートなどを掛けるようで使用しています。キレイな木目なので見せる木製ハンガーとしてもオススメのアイテムですね!
少し値段はしますが持っていて損はしない商品です。こちらは3本セットで販売されています。

https://img.muji.net/img/item/4549738395911_1260.jpg

 

無印良品の超オススメのアイテム③ 

カーペートクリーナー

こちらの商品も5年以上は愛用していますが、なくてはならないアイテムですね!
自立式なので収納しやすく便利ですし、シンプルなデザインなので部屋に置いても雰囲気を壊しません。テープにはミシン目が入っているのでテープは剥がしやすく粘着力も十分!カバーと本体セットで販売されています。

そしてカーペットクリーナー用の替えテープも3本セットで販売されているので、安心です!

https://img.muji.net/img/item/4547315259625_1260.jpg

https://img.muji.net/img/item/4549738368038_1260.jpg

 

無印良品の超オススメのアイテム④ 

木製ポール+ほうき

掃除用品システムのシリーズを組み合わせて使用する木製ポールにアタッチメントのほうきを付けて、玄関など床掃除に使っています!シンプルな見た目とキレイな木目なので、玄関に見せる掃除道具としも活躍します。

 

https://img.muji.net/img/item/4549337287662_1260.jpg

https://img.muji.net/img/item/4547315259694_1260.jpg

https://img.muji.net/img/item/4547315259694_19_1260.jpg

 

無印良品の超オススメのアイテム(番外編) 

不揃いバウム

私が無印良品に行ったら必ず購入するものといえば、このバウムなんです!現在は13種類の味があり、昔より豊富になっています。
子供も大人も関係なくオススメの一品です。冷蔵庫で冷やしてから食べるのが定番ですね。オススメのおやつです!

https://img.muji.net/img/item/4550182123418_01_1260.jpg

  

【まとめ】買って損はしません!無印良品アイテムを生活の一部にしよう

無印良品のアイテムはシンプルなデザインで、使い方もシンプルなのが特徴です。

無印良品のアイテムは、特別おしゃれな訳ではありません、すごく使い勝手が良い訳でもありませんが只々、本当にシンプルなのです!
そのシンプルさが『simple is best』であり、おしゃれで沢山の人に人気の理由です。

今回は、私自身が愛用している本気でオススメするアイテムをご紹介しました。気になった方は、ぜひ使ってみて下さい。シンプルなアイテムでおしゃれな生活を楽しんでみてはいかがでしょうか! 

 

コチラの記事では、定番の収納アイテムをご紹介しています。

www.takahashiblog.com