Takahashi’s blog

DIY・ライフスタイルについて

MENU

自宅に住みながら家を売却する流れやコツを公開しました!

家を売りたいと考えている方、せっかく大切な資産を売却するなら少しでも早く、高く売りたいですよね。

「私は自宅を売りに出して約2か月で、しかも希望価格で売却することができました。」

では、どのように売却できたのか気になりませんか?

こちらの記事では、自宅に住みながら家を売却する流れやコツについてご紹介しています。

売却の流れ

「家を売ろう」と思っても初めての方は売却の流れや準備と分からないことがあり不安になりますよね。
そこで売却の全体的な流れについてご紹介します▽

Step① 不動産会社を選ぶ

Step② 売りに出す

Step③ 内覧

Step④ 売買契約

Step⑤ 引き渡し

自宅の相場を調べる!

Step①に進む前に「自宅の相場価格を理解する!」
自宅の相場を調べることは重要なポイントで相場より高すぎては売れないですし、安すぎると損をしてしまう可能性があります。

ある程度、どのくらいで売れそうなのかを知っておくことは大切なんですよ。

「どうやって相場価格を調べるの?」

簡単なのはネットで「中古住宅や中古物件」と検索してスーモ、アットホーム、ホームズなどを見てみましょう。
そして売却の価格に大きく関係するのが「エリア、築年数、間取り、坪数」といったところなので、自宅の条件に近い物件を探すことでおおよその価格がわかると思います。

 

Step① 不動産会社を選ぶ

それでは不動産会社を選んでみましょう。
選び方は、いきなり○○不動産会社と決めずに何社から話を聞いてから決めるようにしてください。

家を売る方法として「仲介・買取・個人売買」がありますが、仲介で売却するのが安全で一般的だと思います。
仲介とは売主と買主の間に不動産会社が入り売買契約をしてもらう方法のこと。

そして不動産会社にも査定をしてもらい価格設定が妥当か参考にしましょう。
不動産会社の査定価格はあくまでも目安として考えてくださいね。
私の場合は大手不動産会社の2社と街の不動産会社に話を聞いて依頼する会社を決めました。 

担当者の力量もかなり重要!

知識や経験が豊富で人柄が良い担当者なら売却の話もスムーズに進むと思います。

不動産会社と契約する

依頼する不動産会社を決めたら媒介契約に進みましょう。
契約には一般媒介契約と専任媒介契約の2種類があり、一般媒介契約は各不動産会社が競い合って買主を早く見つけれくれる可能性も…
そして専任媒介契約の場合はインターネット・ポスティング・ダイレクトメールなど幅広く宣伝活動をしてくれますしサポートもしっかりあるので安心して任せることができますよ。

売却方法には「仲介」と「買取」の方法があります。

仲介は自分で価格を設定して売却できるメリットがあり、買取の場合はすぐ売ることができ、仲介手数料が不要などメリットがありますが相場価格より低い価格で売却することになります。

私の場合、売却した価格と不動産会社の買取価格では約500万円の差があったので仲介がオススメ!

 

Step② 自宅を売りに出す

ここからは不動産会社がチラシを作成したりインターネットに物件情報を載せたりと本格的に売却活動が始まります。
担当者に物件の正確な情報を伝えましょう。「築年数・坪数・間取り・設備系など」
購入時に渡されている図面や書類一式を用意しておくとわかりやすくスムーズに打ち合わせができますよ。
そして物件の情報を載せる際に自宅の写真も必要になりますが、外観の撮影は明るい印象を与えるために天気の良い日に撮ってもらいましょう。
※洗濯物は取り込んで映らないように気をつけてくださいね。

室内の撮影ではなるべく物を無くすことがポイント!
物が多くごちゃごちゃしていると印象が悪いし部屋が狭く見えてしまうので、しっかり片付けて部屋をスッキリ広く見せることが大切ですよ。

 

Step③ 内覧の準備

内覧の申し込みは突然やってくるものなので、いつでも見せれるように準備をしておきましょう。
できるだけ自宅をきれいな状態にしておくことで購入検討者に良い印象を与え、売却に繋がりますよ。
掃除はもちろん、床の細かいキズやクロスのピン穴などは簡単に直せるので補修をしておくことがポイント!

>>>少しでも早く高く自宅を売却したい方はコチラをご覧ください▽

www.takahashiblog.com

 

Step④ 売買契約

売買契約については不動産会社によって様々なので、細かい内容などは担当者から指示があると思います。
ここでは売主と買主の双方で物件の内容や取引条件などの確認をして、契約書の署名・捺印をします。
そしてローン返済、抵当権の抹消、必要な書類の譲渡なども行います。
住所変更のタイミングも担当者に確認してくださいね。

 

Step⑤ 物件の引き渡し

不動産会社によっては色々なサービスがありハウスクリーニングがある場合は利用した方がお得ですよ。
そして引っ越しはなるべく早く済ませることがポイント!
家具を移動させたりすると意外に汚れや傷があったりするので余裕を持って引っ越しをしましょう。

 

家を売るポイント

「家を売りたい」と考えているなら行動しましょう。
まずは自宅の相場を調べてから、不動産会社に相談してみること。
たしかに家の売却は時期や需要なども関係しますが築年数が経つほど、売りにくくなってしまうので早めに売却しましょう。

売りに出してなかなか購入希望者が現れなくても「無理に価格を下げることはありません!」
まずは1ヶ月ほど様子を見て担当者と相談しながら進めていきましょう。