Takahashi’s blog

人気アイテム・DIY・ライフスタイルなどの情報を配信しています!

MENU

【最新】人気のおすすめ加湿器で乾燥対策!

寒い季節なり、エアコンなどの暖房器具を使う機会が増えてきましたね。
そして、この時期の悩みといえば『乾燥』ではないでしょうか?
そこで乾燥の悩みを解決するための家電といえば加湿器ですが、皆さんは加湿器って様々なタイプがあることをご存知でしたか?

さて今回は乾燥対策のために必要な人気の加湿器をタイプ別で、ご紹介します。

まず加湿器の各タイプについて、ご説明します!

スチーム式とは

https://www.biccamera.com/bc/include_cms_contents/topics/humidifier/steamshiki.png

スチーム式の仕組みは内蔵ヒーターで加熱し水蒸気を発生させることです。スチーム式は加熱をするので内部に雑菌が繁殖しにくく、短時間で広範囲を加湿できるのが特長です。
デメリットは電気代が他のタイプと比べるとやや高いことですかね。

気化式とは

https://www.biccamera.com/bc/include_cms_contents/topics/humidifier/kikashiki.png

気化式はフィルターに水を含ませファンで風を送り水分を気化させるタイプです。熱を必要としないので電気代を抑えることができます。
気化式のデメリットは広範囲を加湿するのが苦手なところや運転時はファンの音が気になることです。
また、こまめにフィルターの掃除が必要です。

超音波式とは

https://www.biccamera.com/bc/include_cms_contents/topics/humidifier/chouonpashiki.png

超音波式は、水に超音波の振動を与え小さな粒子を霧のように噴出します。
性能はスチーム式と気化式の中間のイメージです。
デメリットは熱やフィルターを使用しないため、内部やタンクなどに雑菌やカビが繁殖しやすいことです。

ハイブリッド式とは

https://www.biccamera.com/bc/include_cms_contents/topics/humidifier/hybrid01.png           https://www.biccamera.com/bc/include_cms_contents/topics/humidifier/hybrid02.png

 

ハイブリッド式には2種類あり、「気化式+ヒーターの組合せたタイプ」「超音波+ヒーターの組合せたタイプ」があります。
このハイブリッド式は両者のメリットもデメリットも有しているのが特長です。
インテリア性があり、機能が優れているので他のタイプより価格設定が高い製品が多いです。

 

それでは、各タイプの人気おすすめ加湿器をご紹介します!

スチーム式の人気製品

スチーム式で、おすすめなのは三菱重工のSHE60SD(ルーミスト)です。
シンプルなデザインなのでインテリアの邪魔になりません。
部屋の温度と湿度をチェックするWセンサーが搭載されており最適湿度を自動コントロールしてくれる優れものです。

https://image.biccamera.com/img/00000007037885_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1

  • 形式:SHE60SD
  • 加湿方法:スチームファン蒸発式
  • 加湿能力:600mL/h
  • 加湿めやす:約10畳(木造)
  • 連続加湿時間:約7時間
  • 消費電力:最小220~最大440W
  • タンク容量:約4L
  • 運転音:27dB
  • 本体寸法:W221×D297(ハンドル含む)×H308mm
  • 本体重量(タンク空時):4.0kg
  • カラー:ピュアホワイト、ブラック

 

<公式>三菱重工のSHE60SD(ルーミスト)の製品ページ

 

気化式の人気製品

気化式のおすすめは、BALMUDAのRainです。
美しいフォルムが特徴的な加湿器。
タンクレス構造で水を上から注ぎ入れるだけで給水ができ、ホコリや雑菌を取り除き清潔な空気を加湿し送り出します。
現代的なディスプレイにWi‐Fi対応なのでスマートフォンから操作することが可能です。
Rainはグッドデザイン賞など受賞し世界から認められています。

https://www.balmuda.com/jp/rain/img/index/desktop/billboard--01.jpg?20180329

  • 製品名:Rain(Wi-Fiモデル)
  • 本体寸法:W350×D350×H374mm
  • 本体重量:約5.7kg(満水時:約10kg)
  • カラー:ホワイト
  • 無線LAN:IEEE802.11b 2.4GHz
  • 加湿能力:600mL/h
  • 加湿めやす:約17畳(木造)
  • 連続加湿時間:約6~25時間
  • 消費電力:2~23W
  • 運転音:6~42dB
  • 給水ボウル容量:4.2L

 

<公式>BALMUDAのRainの製品ページ

www.balmuda.com

 

超音波式の人気製品

超音波式は、cadoのSTEM620が人気です。
インテリア性のあるデザインに加え、タンク下からのLEDの光によって、あなたを癒してくれます。
抗菌プレートを搭載しておりカビや細菌を除菌するので水槽内部は清潔で、キレイな水をマイクロミストにして部屋中に送り出します。「加湿しながら除菌する」のが特長です。
フレグランスモードを搭載しており効率よく部屋全体を芳香します。
弱運転なら1時間あたり電気代は約0.6円と消費電力が少ないので経済的です。

https://cado.com/assets/images/stem/hm-c620/function01_hm-c620_img01.jpg

  • 形式:STEM 620
  • 本体寸法:W270×D270×H855mm
  • 本体重量:約4.3kg
  • 加湿能力:600mL/h
  • 加湿めやす:約10畳(木造)
  • 消費電力:3~42W
  • タンク容量:約2.3L
  • タイマー:1H/4H/8H
  • カラー:ブラック、ホワイト

 

<公式>cadoのSTEM620の製品ページ

cado.com

 

ハイブリッド式の人気製品

ハイブリッド式ならd‐designのDKHU-351がおすすめ。
ハイブリッド式の中では、リーズナブルな製品です。
艶消しボディが美しく、アロマカートリッジ機能が付いているので、あなた好みの香りが楽しめます。加湿量は4段階の調整が可能です。

http://www.d-designing.com/brand/mood/images/dkhu-351_a_01.jpg

  • 形式:DKHU-351
  • 本体寸法:W200×D200×H890mm
  • 本体重量:約2.2kg
  • 加湿能力:350mL/h
  • 加湿めやす:約6畳(木造)
  • 消費電力:83W
  • タンク容量:約3L
  • タイマー:2H/4H
  • 連続加湿時間:約8.5時間
  • カラー:ブラック、ホワイト

 

 <公式>DOSHISHA(d-design)のDKHU-351の製品ページ

www.d-designing.com

 

まだあります人気の加湿器をご紹介【追加】

Panasonic:FE-KXS07

ナノイー搭載なので加湿&ナノイー効果で「うるおい美肌」に!
気化式タイプの加湿器です。運転は4段階調整が可能、センサー自動運転機能・タイマー機能付き。
1ヵ月の電気代は[中]運転で使用した場合は【約52.8円】と家計に優しい一台なのでおすすめ。 

https://panasonic.jp/p-db/content?c=Media_C&cid=1428412731199&attrName=vImageFileL

  • 形式:FE-KXS07
  • 本体寸法:W375×D186(背面+10mm)×H375mm
  • 本体重量:約5.2kg
  • 加湿能力:800mL/h
  • 加湿めやす:約12畳(木造)
  • 消費電力:4~19W
  • タンク容量:約4.2L
  • タイマー:2H/4H/6H/8H
  • 連続加湿時間:約6時間
  • 運転音:15~44dB

 

<公式>Panasonic:FE-KXS07-Tの製品ページ

panasonic.jp

 

d-design:KMHU-701C/DHBK-219CL 

クレベリンLEDを搭載した高性能ハイブリッド式加湿器です。
クレベリンLEDで「空間除菌+加湿」し「空気までデザインする加湿器」
加湿量は4段階の切替が可能、タンク容量は約4L、湿度表示、LEDイルミネーション、自動運転機能付き、クレベリンモード搭載。
インパクトのあるデザインでインテリア性がある1台です。 

http://www.d-designing.com/brand/mood/images/kmhu-701c_a_01.jpg

  • 形式:KMHU-701C/DHBK-219CL
  • 本体寸法:W245×D245×H670mm
  • 本体重量:約4.8kg
  • 加湿能力:700mL/h
  • 加湿めやす:約12畳(木造)
  • 消費電力:75W
  • タンク容量:約4L
  • タイマー:2H/4H
  • 連続加湿時間:約8時間
  • カラー:ブラック、シャンパンゴールド

 

<公式>d-design:KMHU-701C/DHBK-219CL 

www.d-designing.com

 

加湿器を最適な場所に設置していますか?

いざ加湿器を使うときって設置場所に悩みませんか?
どこに置けば効率よく加湿できるのか気になりますよね。
そこで、ポイントとなるのが暖房器具なんです。
暖房器具の周辺に設置するのがおすすめで、例えばエアコンの下に置いた場合はエアコンが出す風を利用しながら効率よく加湿することができますよ。

 

お手入れは定期的にして下さい!

加湿器は各タイプによって加湿の方法は違いますが、水を使うことに関しては共通していますので、製品を使用していれば「雑菌・カビ・水垢」などは必ず発生してしまいます。
少し手間ですが前日の水は使用せず毎日、新しい水に入れ替えることや1週間に1度くらいの目安で、お手入れしてあげると清潔な状態を維持することができます。

 

気になる加湿器はありましたか?

どのタイプの加湿器にもメリット及びデメリットはあります。
重要なのは、ご自身のライフスタイルに適した製品を選ぶことで、「機能・価格・デザイン性・メーカー」など選ぶ理由は人それぞれだと思います。
それでは、お気に入りの加湿器を見つけて乾燥しない快適な空間作りをして下さい。

 

乾燥対策が出来たら、次は暖房器具です 

寒い冬を快適に過ごすために、おすすめ暖房器具をご紹介していますので是非、チェックして下さい!

www.takahashiblog.com