Takahashi’s blog

DIY・ライフスタイルについて

MENU

DIY家具作り/おしゃれなオリジナル家具を作ろう〖キャビネット編〗

世界に一つだけのオリジナル家具を自分で手作りしてみませんか⁉

おしゃれな収納家具が欲しいけど「好みのデザインがない、欲しいサイズがない、欲しいけど予算的に無理」など困ったことありませんか?

例えばリビングにインテリア性のあるキャビネットが欲しいけど、購入しようと思うと結構な値段しますよね💦 

デザイン、価格、使いやすさを妥協したくないなら、自分でオリジナル家具を作っちゃいましょう!

それではDIY家具の作り方や使う材料&材料費、必要な道具についてご紹介していきます。

設計図を描こう

初めての方には設計図というと難しく聞こえますが、簡単なラフ図でいいのでデザインや寸法を決めましょう!
作りたい家具の寸法(幅・奥行・高さ)やカラー、どんな材料を使うのか決めて全体図を作成します。
次に各部分のパーツ図を描きましょう。各寸法や材料の種類など細かく書いたら完成です。
作成した図面を確認しながら必要な木材や材料の買い出しに行きましょう💨

 

材料を揃えよう

今回、家具作りで使用する材料は全てスーパービバホームで購入しています!
購入した木材の種類はコチラ⇩

f:id:TaKaHaShi:20200704034631j:plain

天板:赤松集成フリー板×1
側板、底板、仕切り板、棚:シナランバー集成材×2
背板:針葉樹合板×1
扉:メルクシパイン集成材×1

正面から家具を見たとき木目を綺麗に見せたかったので、天板には赤松集成フリー板を使い、扉はメルクシパイン集成材を選びました‼

f:id:TaKaHaShi:20200704012804j:plain

時短のために工作室で、木材をある程度カットしてもらおうと店員さんに話しかけたら、

私:「すみません、工作室やってます?」

店員さん:「時間 大丈夫?」

私:「え⁉」

店員さん:「2時間待ちだよ!」 

私:「嘘‼」

工作室の周りをよく見ると、木材を載せた台車が列になってる💦
さすが2時間は待てないので、自分で切ることにしました💧
やっぱりDIY流行ってるなぁと感じますね。みなさんが何を作るのか気になるなー!

 

道具の準備をしよう

今回、使用する道具達がコチラ⇩

f:id:TaKaHaShi:20200704014351j:plain

  • 充電式インパクトドライバー
  • 丸ノコ
  • 充電式ブロワ
  • 丸ノコ定規(T型)
  • ガイド定規(L型)
  • スコヤ
  • スケール
  • クランプ
  • 木工用キリ
  • 手ノコ

 

木材をカット

設計図を確認しながら丸ノコで各パーツを寸法通りに切っていきましょう。
天板などの長物を切るときは、丸ノコ定規(T型)を付けて切ると簡単に真っ直ぐ切れますよ!

f:id:TaKaHaShi:20200704035219j:plain

丸ノコの角度を変えて天板の端部は、斜めに切りました!

 

材料を組み立てよう

意匠的になるべくビスを見せたくなかったので、木ダボを使って材料を固定していきます。
まず木ダボの位置を印します。この時にスコヤがあると正確に位置が出せますよ!
次に木ダボのサイズで下穴をあけます。(※材料を貫通させないように気を付けて下さいね)
下穴に木工用ボンドを少し入れて木ダボを差し込み部材を組み立てていきます。

f:id:TaKaHaShi:20200807144454j:plain

f:id:TaKaHaShi:20200807145010j:plain

段々と家具っぽくなってきました!

f:id:TaKaHaShi:20200704035819j:plain

家具の脚は、しっかり揃えて全ての脚が同寸法になるよう切ります。
曲がったり、寸法が違うと家具が水平にならず台無しになってしまいますので気を付けましょう!

f:id:TaKaHaShi:20200704065226j:plain

 

家具を塗装しよう

さぁ次は塗装なのですが、今回のキャビネットには色を塗りません‼
木目がキレイな家具にしたかったのでクリア塗装で仕上げたいと思います。

「なぜ?クリア塗装するのか?」それは傷や汚れから家具を守るためなんです!

私のおすすめ塗料といえばミルクペイント、使うのはトップコートクリア(UVカット)です。
家具本体や扉にトップコートクリアを塗っていきます。

f:id:TaKaHaShi:20200704031817j:plain

>>【ミルクペイント】について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください⇩

www.takahashiblog.com

 

扉の取り付け

扉は全部で4枚付けようと考えています。
ちょっとしたこだわりですが扉は、押した勢いで開くプッシュオープン機能付きにしたいと思います。

それではプッシュオープン機能付きスライド蝶番とプッシュオープンキャッチを用意します。 
木工用キリ35mmで、扉の裏面を座掘りスライド蝶番本体を取付けます。
次に家具本体側面に座金を取付けましょう。
※スライド蝶番本体や座金を必ず平行に固定してください!

f:id:TaKaHaShi:20200704040303j:plain

蝶番本体と座金を付けたら扉を固定します。
扉を付けたらプッシュオープンキャッチを付けましょう。蝶番やキャッチを取付けるのは結構面倒な作業です💦
※スライド蝶番の詳細は記載されているので初心者でも取付け可能です。

f:id:TaKaHaShi:20200704063932j:plain

 

棚を作ろう 

棚柱と棚受け、ビスを使って棚を作っていきます。 
棚柱を必要な長さでカットし、ビスで固定していきましょう。
後は棚受けを付けて棚を載せたら完成です。

f:id:TaKaHaShi:20200826210931j:plain

f:id:TaKaHaShi:20200704063534j:plain

 

オリジナル家具の完成

出来上がったキャビネットがコチラです!

DIY家具の良いところは、自分好みのデザインで部屋のインテリアに合う家具を自由に作れることですね。

今回の作業日数は、ざっくり工程で分けると「木材の加工に1日、塗装に1日、組み立て&調整に1日」でしたので、約3日程度で作ることが可能です。 

f:id:TaKaHaShi:20200704134724j:plain

 

f:id:TaKaHaShi:20200704134742j:plain

ぜひ自慢のDIY家具を作ってみて下さいね‼ 

 

各材料&価格のご紹介

赤松集成フリー板:4,980円
シナランバー(ファルカタ集成材):4,380円×2枚
メルクシパイン集成材:6,980円
針葉樹合板:1,100円
木ダボ(約8×30):598円
刷毛(70mm):118円×2本
ミルクペイント(トップコートクリア):3,280円
下げ缶:118円×2ヶ
スライド蝶番(プッシュオープン機能付き):458円×8ヶ
プッシュオープンキャッチ:698円×4ヶ
スリム棚柱:408円×4本
スリム棚受け:978円
細ビス(45mm):528円

材料費合計:35,764円

 

DIYに必要なものは⁉揃えておきたい道具を一挙ご紹介

DIYを始めたいけど何が必要なのか悩んでいる方、DIYで使う様々な道具についてまとめましたので、ぜひご覧ください⇩

www.takahashiblog.com