Takahashi’s blog

DIY・ライフスタイルについて

MENU

【DIY】お洒落なアイアンハンガーパイプを取り付けたら室内干しが便利になりました!

天気が悪い日や日中干すことのできない衣類などを室内干しする場合、どこに干していいか困ってしまうことありませんか⁉

例えば…カーテンレールに洗濯物を吊り下げている方は結構いらっしゃいますよね。

確かに便利です…でも生活感がありすぎですし最悪カーテンレールが破損する可能性があるのでとても危険です!

そこで悩みを解決してくれるのが「インテリア性の高いアイアンハンガーパイプ」なんです。

室内干しが便利になるアイアンハンガーパイプを取り付けて、お洒落な空間作りをしてみませんか⁉
こちらの記事ではアイアンハンガーパイプの取り付け方法についてご紹介しています。

アイアンハンガーパイプとは⁉

f:id:TaKaHaShi:20201119165231j:plain

出典:アイアンハンガーパイプ | toolbox

空間をお洒落に「見せる収納」として活躍するアイアンハンガーパイプ。

洗濯物を干すだけではなく帰宅時に上着を掛けて服の仮置き場として使ったり、かわいい小物やグリーン系の観葉植物を吊るせばインテリア性がアップします。

一般的な物干し系の商品にはステンレス製が多いのですがアイアンを選ぶことにより空間をお洒落に、そして見せる収納を可能にしてくれます!

「toolbox」アイアンハンガーパイプ

それでは取り付けるアイアンハンガーパイプについてご紹介します。
購入したものは「toolbox」オリジナルのアイアンハンガーパイプ。
カラーはマットな質感のブラックとホワイトがあるのですがリビングのインテリアに合わせやすいホワイトを選びました。

そしてお部屋や場所の用途によって選べるように13種類の形状のオーダー品と各パーツの用意がされています。

f:id:TaKaHaShi:20201116195040j:plain

各パーツ紹介
  • 丸い円盤
    「フランジ」というパーツで壁や天井面に取り付けてパイプを固定するためのもの
  • L型のパーツ
    「エルボ」パイプを連結させるためのものでコーナーの役割りをします
  • パイプ
    短い方が吊りパイプ(垂直)、長い方は水平パイプとなります

f:id:TaKaHaShi:20201116195105j:plain

取り付ける前に床に仮置きして組み立ててみました☟
「デザイン・カラー・サイズ・質感」全てイメージ通りで大満足の商品でした。

f:id:TaKaHaShi:20201116195203j:plain

 

アイアンハンガーパイプを取り付けてみよう!

アイアンハンガーパイプの取り付けは決して難しくありません。

必要なのは「道具とDIYを楽しむという気持ちです」それがあれば誰でも簡単に取り付けることが可能ですよ!

用意するもの

まず作業を始める前に必要な道具を用意してください。

  • 充電式インパクトドライバー
  • 穴あけキリ(下穴用)
  • スケール
  • 下地探し専用工具
  • マスキングテープ
  • 鉛筆
 

STEP① 取り付け位置を決める

〈重要ポイント〉
今回のDIYで一番重要なことは、フランジを取り付ける壁や天井内に下地がしっかり入っているかなんです!

「アイアンハンガーパイプは鉄製ですので本体自体の重量があり衣類などを吊り下げることで荷重がかかります。必ず壁と天井内に下地がある事を確認してから取り付けて下さい。もし下地がなく石膏ボードやベニヤだけの場合は絶対に取り付けをしないで下さい。

そして壁や天井内の下地を探すときに活躍する道具といえば下地探し専用工具
フランジを取り付ける場所に下地があるか確認してみましょう。

 

下地があることを確認できたらフランジの正確な位置を決めましょう。
フランジにはビス穴が空いているので取り付けたい壁と天井に鉛筆で印を付けます。
※マスキングテープを貼って位置出しをすると変更したい時や間違えた時に消す必要がないので便利ですよ!

f:id:TaKaHaShi:20210117060533j:plain

 

STEP② 壁のフランジ取り付け

位置出しができたら次にインパクトドライバーに穴あけキリを付けて下穴をあけます。
※穴あけキリのサイズは付属されているビスより小さい径にしないとビスが効かなくなってしまうので注意してくださいね。

付属されているビスの径が4.0mmでしたので、3.5mmのキリで下穴をあけていきましょう。下穴をあける理由はフランジ取り付け時のズレ防止やビスが曲がったり折れてしまう事を防ぐためです。
f:id:TaKaHaShi:20210117060613j:plain

※下穴をあける際に床や壁などを養生しておくと後片付けが楽になりますよ!

下穴をあけたらマスキングテープや養生を取りましょう。
インパクトドライバーにプラスビットを付けて付属ビスでフランジを取り付けます。

f:id:TaKaHaShi:20210117060638j:plain

 

STEP③ 天井のフランジ取り付け

壁と同様に下地探し専用工具を使って天井内に下地があるか確認しましょう。

私の場合、残念ながらフランジのビス穴2箇所部分に木下地がありませんでした。
そのまま石膏ボードにビス止めすることは大変危険です。そんな時はボードアンカーを使ってビス止めをします。

石膏ボードに直接ビス止めしても、ビスがスグ抜けてしまい締め付けることができませんがボードアンカーを使うことでビス止めを可能にしてくれます。

f:id:TaKaHaShi:20210117060654j:plain

こちらも下穴をあけてからボードアンカーを差し込みます。入りづらい場合はゴムハンマーなどで軽く叩いて差し込んで下さい。
f:id:TaKaHaShi:20210117060709j:plain

フランジをビス止めしたら後は残りのパーツを繋げていきましょう!
※注意して頂きたいのがボードアンカー側のビス止めは強く回したり締めすぎないようにして下さい。空回りしてビスが効かなくなってしまう可能性があります。

f:id:TaKaHaShi:20210117060741j:plain

 

 

STEP④ その他パーツを取り付け

⑴天井のフランジに吊りパイプをセットします➡⑵水平パイプにエルボをセットします➡⑶水平パイプ+エルボを吊りパイプと壁のフランジに差し込みボルトを締めて固定したら完成!

アイアンハンガーパイプの取り付け作業時間は20~30分程度なので、DIY初心者にも簡単にできるオススメのDIYです‼

f:id:TaKaHaShi:20210117060755j:plain

>>【toolbox】アイアンハンガーパイプの製品ページ

www.r-toolbox.jp

 

【まとめ】

実際に使用してみるとアイアンハンガーパイプって、本当に便利でした!
設置したハンガーパイプは女性の方にも使いやすい高さなので室内干しは格段に便利になりました。
日頃から室内干しが多い方はアイアンハンガーパイプを取り付けて、お洒落な空間作りをしてみてはいかがでしょうか!

【簡単DIY】外壁にウォールフックを取り付けて「見せる収納」

外で使う「傘・屋外用ほうき&ブラシ・バルコニー用サンダル」などの収納って困りませんか⁉
コチラの記事では、外壁(サイディング)にウォールフックを取り付けてお洒落な「見せる収納」についてご紹介しています。

www.takahashiblog.com