Takahashi’s blog

DIY・ライフスタイルについて

MENU

【庭作りDIY】コンクリート舗装(土間コンクリート)に星型アクセントを付けてみました!

お庭の手入れが大変だと感じたことはありませんか⁉

抜いても抜いても生えてくる雑草取りや定期的な芝刈りってとても面倒ですよね。

例えば自宅のお庭が土のままだったり芝生や化粧砂利を敷いている方の場合、
「土のままだと歩けば汚れるし風が強い日は土埃が立つので色々と不便」
「芝生やグランドカバーの植栽は定期的な手入れや雑草の処理が大変」
「砂利は歩きにくいベビーカーが通れないなど使い勝手が悪い」
などのデメリットにお悩みではありませんか。

そこでお庭を手入れいらずのコンクリート舗装(土間コンクリート)にして問題を解決しちゃいましょう。

こちらの記事ではコンクリート舗装の施工方法についてご紹介しています。
そして、せっかくDIYするなら遊び心のある庭にしたいですよね。コンクリート舗装に星型アクセントを付けてみましたのでご覧ください。

コンクリート舗装(土間コンクリート)の詳細

まずコンクリート舗装(土間コンクリート)の詳細を決めましょう。
施工する場所が庭で、車両が通ったり重量のあるものを置いたりする訳ではないので路盤とコンクリートはある程度の厚みがあれば大丈夫です。
人が歩いたりする程度ならコンクリート舗装の断面は砕石t50・コンクリートt50で大丈夫だと思います。
不安な場合はコンクリートの厚みをt100程度まで厚くして施工してください。

 

DIYの作業手順とは⁉

①土の鋤取り

まず路盤作りから進めていきます。
コンクリート舗装にする範囲を決めたらスコップで土を鋤取りレーキを使って均します。
鋤取った後はタンパーで地面を叩いて土をガッチリ固めていきます。

f:id:TaKaHaShi:20200504052952j:plain

左からタンパー・剣型スコップ・アルミレーキ

 

 

②砕石を敷く

砕石にも種類があるのですが今回は砕石40-0を使用しています。
大型ホームセンターで数量売りしていて0.1㎥当たり800円程度で購入可能です。
少量で欲しい方は袋売りもされているので、そちらをお買い求めください。

※使用している材料はスーパービバホームで購入したものです。

f:id:TaKaHaShi:20200504053923j:plain

重要ポイント!

コンクリート舗装において路盤はとても重要です。
しっかりと路盤を作らないと後でコンクリートにヒビが入ったり割れてしまうことがあるので注意してください。

砕石を均等に敷いたらタンパーで叩いてさらに固めます。
力仕事で大変ですがとても大切な工程なので頑張って施工しましょう!

f:id:TaKaHaShi:20200504054022j:plain

 

③施工する範囲に止め枠を設置

路盤が出来たらベニヤ板などでコンクリートを打設する範囲に止め枠を設置しましょう。
止め枠を設置したらコンクリート天端レベルの墨出しをして面木を付けていきます。
※面木はコンクリートの面を取ることにより欠けてしまうことを防ぐために必要です。

f:id:TaKaHaShi:20200504054211j:plain

 

④ワイヤーメッシュ(溶接金網)を敷く

鉄の棒が網目状になっているものをワイヤーメッシュと言います。
コンクリートの範囲にワイヤーメッシュを敷き、桝などがある場合はディスクグラインダーを使って加工して下さい。
今回、使用しているメッシュは「100×100×2.6Φ」
※桝などがあり加工した場合は、ヒビ割れ防止のためしっかり補強して下さいね。

f:id:TaKaHaShi:20200505052456j:plain

 

⑤コンクリートを練る

コンクリートは「川砂+セメント+川砂利」に水を加えて混ぜることにより作ることが出来ます。
コンクリートを作る際に材料の割合があって、川砂利の袋にも「コンクリートの作り方」が記載されているのですが、私の場合は少し違うので作り方&手順を説明しますね!

  1. タルに川砂を2袋いれます
  2. セメントは約半分いれます
  3. 柄杓で4杯程度の水をいれます
  4. 撹拌機でしっかり混ぜましょう
  5. 川砂利を1袋を入れて、柄杓1杯程度の水を入れ混ぜます
  6. よく混ぜたら完成です

f:id:TaKaHaShi:20200506051318j:plain

f:id:TaKaHaShi:20200506050349j:plain

⇑川砂の袋には『モルタルの作り方』が記載されています。
f:id:TaKaHaShi:20200506050635j:plain

⇑川砂利の袋に『コンクリートの作り方』が記載されています。
 

⑥コンクリートを流し込む

それでは、コンクリートを流し込んでいきましょう。一定方向からコンクリートを入れるようにして下さい。

「おっと忘れてはならないのが、おしゃれアクセントの設置!コンクリートを入れる前に遊び心をセットしなくては!」

 

⑦コテを使い仕上げる

仕上げレベルまでコンクリートを入れたら、軽く表面を均しておきましょう。
しばらくすると表面の水分が無くなってくるので、金鏝を使って全体をキレイに押さえていきましょう。

f:id:TaKaHaShi:20200505053211j:plain

 

⑧止め枠を撤去

翌日、止め枠や養生テープなどを外しましょう。
※季節にもよりますが夏場は、丸1日ほどで止め枠を外して大丈夫ですよ!

 

⑨土間施工の完成

土間の廻りや星部分に化粧砂利を入れて完成ですね! 
アクセントのが結構うまくいって大満足‼

f:id:TaKaHaShi:20200506045814j:plain

 

 

DIYで土間コンクリートは可能なのか⁉『駐車場&アプローチの土間作り』

こちらの記事では「駐車場とアプローチ部分」の土間作りについてご紹介しています。
駐車場をシンプルなコンクリートにしたい方、アプローチはコンクリートだけじゃなく石貼りでアクセントにしたい方のご参考になれば幸いです。

www.takahashiblog.com

「DIY始めるなら揃えよう!」作業を楽しく便利にする道具«おすすめ12選»

これからDIYを始める方は、まず道具を揃えることが大切です!
こちらの記事ではDIYに必要な道具や、あれば便利なものについてご紹介していますのでご覧ください。
新しい道具ってなんだか嬉しくなりますね。

www.takahashiblog.com

ペイントDIYには安全塗料の「ミルクペイント」を使うべき‼

簡単に部屋の模様替えが出来るDIYといえばペイントです。
家具や小物雑貨をペイントしたり、思い切って扉の色を変えてみるのも面白いですよね!
こちらの記事では安全塗料のミルクペイントについてまとめましたのでご覧ください。

www.takahashiblog.com