Takahashi’s blog

人気アイテム・DIY・ライフスタイルなどの情報を配信しています!

MENU

【簡単DIY】外壁にアンティーク調のウォールフックを取り付けてみよう!

傘やほうきにデッキブラシなどの収納場所って、結構悩みませんか💦

それにバルコニー用のサンダルって何処に置いていますか?

ほとんどの方がバルコニーの床に置きっぱなしではないでしょうか⁉
でも置きっぱなしだとサンダルはすぐ汚れてしまうし、片付けてない感が気になりませんか⁉

「外で使うものを、ちゃんとキレイに収納したい!」

そんな問題を解決するために、外壁のサイディングにウォールフックを取り付けてサンダルを「見せる収納」にしてみました!

それでは、ウォールフックの取り付け方や準備する道具などをご紹介していきます。
記事の後半では、おしゃれなウォールフックについてもまとめましたので、ぜひご覧下さい‼

ウォールフックを付けよう!

ウォールフックは様々なデザインや種類があり、雑貨店や大型ホームセンター、ネットショッピングなどで購入できます。
今回、選んだものは百合をモチーフにしたアンティーク調のアイアンフックです!
インテリア性の高いオシャレなウォールフックが色々ありますので、きっとお気に入りが見つかりますよ!

※ウォールフックを購入する際に注意して頂きたいのが、取り付け用ビスが付属されているかです。商品によっては付属されていない場合があるので必ず確認して下さい!
別途必要な場合はホームセンターで用意しましょう。

 

Step① 必要な道具は⁉

  • インパクトドライバー
    DIYの必需品といえばコレですね!
  • キリ(下穴をあけるために必要)
    下穴をあけることによりズレ防止やビス止めをしやすくします。
  • スケール(コンベックス)
    ウォールフックの取り付け位置を出すために使います。

【マキタ】充電式インパクトドライバー

プロ御用達といえばマキタの充電式インパクトドライバー!
やっぱり使うならマキタがオススメですかね。
現在愛用しているマキタのインパクトドライバーです☟

f:id:TaKaHaShi:20200216194339j:plain

オススメする理由はとても簡単です!

https://www.makita.co.jp/product/li_ion/td171d/images/td171d_big.jpg

①丈夫‼ ビックリするくらい丈夫です!
「耐久性が素晴らしい」ですね。
雨が降っている中での作業はもちろん、少しくらいの高さなら落としても壊れません。

②圧倒的な使いやすさ!
「ビット振れ低減」、「シーンで選べる多彩なモード」、「打撃モード4段階切替」、「左右に2灯LEDライト付き」の様々な機能が装備されているので、誰でも簡単に使いこなせる1台です。

③収納しやすいケース付き!
フタ部分には大容量の小物入れ付きで、側面には引き出しやすい取っ手が付いている便利なケースです。

https://www.makita.co.jp/product/li_ion/td171d/images/5color_mark.jpg

https://www.makita.co.jp/product/li_ion/td171d/images/image01.jpg

セット内容

  • バッテリー:BL1860B×2本
  • 充電器:DC18RF
  • 新プラスチックケース

充電式インパクトドライバー:TD171DRGX (6.0Ah)

リチウムイオンバッテリー18V(6.0Ah)、最大締付トルク180N・m

 

 

【Tajima】コンベックス 剛厚Gロック

タジマの剛厚Gロックはテープ折れを抑止する剛厚イエローテープに、優れた衝撃吸収のアーマードケースタイプのコンベックス(スケール)です!
私もコチラのスケールを愛用しています。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81RSy4sFOIL._AC_SL1500_.jpg

剛厚GOATUシリーズ

商品詳細

  • テープ:スチール
  • テープ:25mm幅、メートル目盛、両面目盛
  • 移動爪
  • ロックタイプ 
  • ショックアブソーバー付き
  • ストラップ付き
  • 重量:327g

【Tajima】剛厚コンベックス(スケール)

 

 

【Tajima】コーキングガン:コンボイスーパー

コーキングガンもDIYの必需品
防水処理をしたり隙間を埋めたりするのに活躍する道具ですね。
コンボイスーパーは、とても使いやすく便利なロータリー式ハンドルのコーキングガンです!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xGW1lHpLL._SL1067_.jpg

Tajimaのコンボイスーパーは押出し力と耐久性がアップし、TTシステムを採用したことや液だれ防止機構を搭載しています。

商品詳細

  • 全長:340mm
  • 全高:200mm
  • 筒直径:67mm
  • 適合コーキング剤:330ml
  • 本体重量:710g
  • グリップ:アルミダイカスト

【Tajima】コーキングガン:コンボイスーパー/CNV-SP

 

 

軍手(スベリ止付き)

手や指などの負傷を防ぐために軍手をつけて作業をしましょう!
軍手はワークマンやホームセンターで購入できます。

f:id:TaKaHaShi:20200112080715j:plain

 

作業開始!

Step❶ ウォールフックの位置を決めよう

まずウォールフックの取り付ける位置を決めましょう。
ウォールフックの位置は高すぎても低すぎても使いづらいので、ご自身の腰ぐらいの高さが使いやすいですよ。
位置が決まったら、スケールを使って鉛筆でサイディングに印をつけます。

f:id:TaKaHaShi:20200112081843j:plain

 

Step❷ 位置出しができたら下穴を開けます

次は、インパクトドライバーにキリを装着して下穴をあけましょう。

※キリのサイズは、必ずビスの径より小さいサイズにしましょう。(例:ビス径が4.0mmの場合は、キリのサイズ/3.5mm又は3.8mm)

f:id:TaKaHaShi:20200112082359j:plain

 

Step❸ 開けた下穴にコーキングを入れます

防水のために開けた下穴にコーキングを入れましょう。
万が一ビス穴から雨漏りしたら最悪なので防水処理はしっかりしておきましょう‼

f:id:TaKaHaShi:20200112084223j:plain

※残ったコーキングはマスキングテープなどで、しっかり封をして保管して下さい。

f:id:TaKaHaShi:20200112084441j:plain

 

Step❹ ウォールフックの取り付け!

インパクトドライバーを使って、ウォールフックを外壁にビス止めしましょう。
※ビスを強く回しすぎないように気を付けて下さいね。強く締めつけすぎると空回りしてしまう可能性があります。

f:id:TaKaHaShi:20200112084336j:plain

 

Step❺ たったこれだけ!

最後にバルコニーで履いているサンダルを引っ掛けたら完成です。
作業時間は5~10分程度と手軽にできるDIYですので、ぜひ挑戦して下さい!

f:id:TaKaHaShi:20200112084407j:plain

 

おすすめのウォールフック!

北欧スタイル真鍮4フック

真鍮製のレトロな雰囲気がおしゃれなウォールフックです。
フック部分は左右に動かせて引っ掛けたものが重ならないのでとても便利!
アンティーク調のインテリアが好きな方におすすめです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71cX%2Bzvj2sL._AC_SL1500_.jpg

商品詳細

  • 素材:真鍮
  • 最大重量:約10kg
  • カラー:ブロンズ
  • 付属ビス:あり
  • 本体重量:240g

北欧スタイル真鍮4フック

 

 

アンティーク調アンカーフック 

碇のデザインがおしゃれなアンティーク調ウォールフックです。
マリン系のデザインが好きな方にオススメです!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61vTZ87l7dL._AC_SL1200_.jpg

商品詳細

  • 素材:アイアン
  • カラー:ゴールド、ブロンズ
  • 付属ビス:なし

アンティーク調アンカーフック

 

 

鹿アンティーク調アイアンフック

鹿をモチーフにしたデザイン性の高いウォールフックです。
鋳物アイアンは雰囲気がありオシャレですね!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71aO-D%2B26TL._AC_SL1500_.jpg

商品詳細

  • 素材:アイアン
  • カラー:青銅色、古銅色、錆色
  • 付属ビス:あり
  • 本体重量:650g

鹿モチーフ アイアンフック

 

 

【DIY】アイアンハンガーパイプを取り付けて室内干しをおしゃれに!

おしゃれなアイアンハンガーパイプで「見せる収納」をしてみませんか⁉
天気が悪くて外に洗濯物を干せない時、日頃から室内干しが多い方にオススメDIYなので、ぜひご覧下さい!

www.takahashiblog.com

 

DIYで土間コンクリートって可能なのか⁉『駐車場&アプローチの土間作り』

駐車場やアプローチの土間コンクリートについてまとめました。
「土間コンクリートを手作りしたい方、ぜひご覧ください!」

www.takahashiblog.com