Takahashi’s blog

人気アイテム・DIY・ライフスタイルなどの情報を配信しています!

MENU

量水器(水道メーターボックス)の蓋が割れたら?鋳鉄製の蓋に交換‼

量水器(水道メーターボックス)の『蓋が割れた!』という経験はありませんか?

ご自宅に設置されている量水器の蓋が、もし青色の場合は重量のある車で蓋の上に乗ってしまうと簡単に割れてしまいます‼
今回【蓋が、割れてしまった場合の対処方法】についてまとめましたので参考にして下さい! 

量水器(水道メーターボックス)とは?

量水器(水道メーターボックス)とは、住宅や各住居などの水道メーター&バルブが収納されている箱のことをメーターボックスといいます。一般的には車両などが通過しない場所に設置されています。

http://www.maezawa-k.co.jp/_product/category/010505.png

 

かなり危険な状態の量水器(水道メーターボックス)の蓋がこちら‼

自宅の量水器は、なぜか駐車場に設置されているのですが、ちょうどタイヤが通過する場所に設置されていて重量のある車で通過したら、見事に蓋がバキバキに割れてしまいました💦
「なぜ? わざわざタイヤが通過する所に設置したの⁉ どんな設計してるんだ!」って心の中で叫びましたね...
車の出し入れは毎日するし、割れたままの状態で放置する訳にもいきませんので、割れてしまった蓋の交換をしたいと思います!

f:id:TaKaHaShi:20191004180439j:plain

かなりショックです⤵ 

もし蓋が割れてしまったら、どう対処すればいいのか?

まずはネット検索してみることに…調べてみると水道メーターボックスは、個人の所有物』とのことなので役所などでは修理してもらえません!
ん~困りました...そうなるとプロの業者さんに頼むか、自分で直すかになりますね。
ただ業者さんに頼むのは費用と手間が掛かりそうなので、自分自身で何とかしてみましょう‼
それでは、自宅の水道メーターボックスについて調べてみたいと思います。
割れた蓋を見たところ「蓋が脱着式になっていました!」脱着式なら新しい蓋を購入して交換すればいいってことですよね。

ただ1つ問題なのが、現状と同じ蓋を用意しても問題解決にならないということです!

現状の蓋より強度のある蓋に付け替えなくては、同じことの繰り返しになり費用と手間がムダになってしまうということです。
それなら今のより強度のある「鋳鉄製の蓋」に付け替える事にしましょう!

 

まずは「現状の蓋」を詳しく調べてみましょう!

蓋の裏面を見てみると「製造メーカー」は、前澤化成工業と記載されていました。
次に「蓋の寸法」を確認したところ、約W436×D226×t19のサイズです。
これで蓋の詳細がわかりましたので早速、前澤化成工業のホームページを調べてみました。製品ページを見ると、同寸法で「鋳鉄製の蓋」があることが確認できました。

<公式>前澤化成工業の製品ページ

www.maezawa-k.co.jp

f:id:TaKaHaShi:20191004201841j:plain

f:id:TaKaHaShi:20191004201921j:plain

f:id:TaKaHaShi:20191004202014j:plain

 

「鋳鉄製の蓋」は、どこで購入できるのか?

大型ホームセンターなら売っていると思い、普段利用しているスーパービバホームに行ってきました!
探してみると現状と同タイプのメーターボックスで「土台+蓋」のセット売りしかありません。売ってない💧
とりあえず店員さんに尋ねてみたところ店舗では取扱いがない、取り寄せは可能だが「店舗で取り寄せるより、ネット注文の方が早いですよ」と教えてもらいました。店員さん、ありがとうございます。
早速、Amazonで調べてみたら商品を見つけることができました‼
【前澤化成工業:同寸法の鋳鉄製で、蓋のみ】を購入することが可能。

今回、私が購入しました「鋳鉄製の蓋」がこちら、蓋の寸法【W437×D226.5×t19.5】

 

 

他のサイズもありますのでご安心ください。蓋の寸法【W291×D180.5×t18】はこちら! 

 

 

他のサイズもありますのでご安心ください。蓋の寸法【W367×D226.5×t19.5】はこちら !

 

 

量水器(水道メーターボックス)に鋳鉄製の蓋を取付けました!

現状の割れてしまった青い蓋を取りはずし(蓋を開き斜め上に引くと簡単にはずすことができます)、今回Amazonにて購入した「鋳鉄製の蓋」を取り付けました。 
ちゃんと納まるのか心配でしたが、しっかり綺麗に納まりました。
新しい「鋳鉄製の蓋」は、ブラックなのでメーターボックス枠と同色なので見た目が、とても良くなりました!
最初はどうなるかと心配でしたが鋳鉄製の蓋は、総重量3000kgまで耐えられるように製造されていますので、これからは安心して駐車することが出来ます。
私と同じような状況の方や割れてしまう可能性がある方は、ぜひ参考にして頂き早急に対策することをおすすめします!

f:id:TaKaHaShi:20191004210818j:plain

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

庭の悩みを解決!DIYで土間コンクリートの作り方をご紹介‼

土間作りに遊び心をプラスした最新版です。
DIYで土間コンクリートに挑戦してみませんか⁉ 

www.takahashiblog.com

 

DIYで土間コンクリートは可能か?『駐車場&アプローチの土間作り!』

こちらの記事では、土間作りについてまとめましたので「DIYが好きな方、お庭や駐車場についてお悩みの方」は、参考にしていただければ幸いです!

www.takahashiblog.com