Takahashi’s blog

おすすめアイテム&音楽&自宅DIYなどについて!

MENU

DIYで土間コンクリートは可能か?駐車場とアプローチの土間コンクリート作り

最近よく耳にするDIYで土間コンクリートは可能なのか?
プロではなく、一般の人でも出来るのか気になりませんか?はっきり言います『DIYで可能です!』
ただ何も調べずに知識もなく、たいした準備をせず、いきなり施工すれば失敗してしまいます。

今回、私は駐車場とアプローチを土間コンクリートにしました、敷地の一部や庭、アプローチなどを『DIYで土間コンクリートにしたい』と考えている方のために施工手順や施工方法を書きましたので参考にして頂ければと思います。

<プロの方は重機を使い作業をしている工程がありますが、私はコスト削減のため手作業にて施工をしています。>

なぜ土間コンクリートにするのか 

私の自宅は購入時、駐車場1台分だけ土間で、それ以外の部分は土の状態だったので使い勝手が悪かったんですよ。一応、庭や駐車場には芝生や植物を植えたり、アプローチには踏み石を置いていたのですが雨が降れば玄関は汚れるし、芝生の手入れは大変で雑草との戦いに疲れてましたね。なので思い切って駐車場とアプローチ部分を芝生から土間コンクリートに変更しました。

 

施工前の駐車場

こちらが施工前の駐車場なのですが、写真を見ると雑草は生えてるし、芝生は車のタイヤ跡でボロボロに剥げていて荒れています。思い返すと手入れが全然出来てなくて、とても恥ずかしい状態でしたね。

f:id:TaKaHaShi:20190627203146j:plain

 

<作業①>既存の芝生を剥がす 

まず最初に現状の芝生を剥がすところからです。スコップを使い芝生を掘り返し地道に取り除きましょう。広範囲に根が張っているので芝生剥がしは地味に大変な作業です。

 

<作業②>芝生を剥がしたら土の鋤取り作業をします

駐車場の土間は、コンクリート厚を10cm、砕石厚を5cmとしますので、【土間コンクリート+砕石の厚み】の土を取り除きます。

この鋤取り作業などは、重機を使うと労力の軽減や時間の短縮になりますが、今回は手作業で施工しています。

f:id:TaKaHaShi:20190627204059j:plain

 

<作業③>鋤取り作業が終わったら砕石を敷き、路盤作りをします

鋤取りで土が無くなったので砕石を入れていきます。砕石を敷き終わったら、タンパーという道具を使って「ドスン、ドスン」と叩いて路盤を固めていきます。路盤作りはとても大切な工程なので、しっかり力を入れて固めて下さい!

砕石はホームセンターなどで購入可能で、私はスーパービバホームで購入しました。
価格は0.5m3で3,500円程度です。少量で欲しいという方は0.1m3から購入できますし、袋売りもしているので気軽に買うことができます。

f:id:TaKaHaShi:20190627205028j:plain

 

<手順④>路盤が出来たら土間コンクリート打設の準備をします

駐車場は面積があり、コンクリート打設は手作業なので止め枠を設置して分割にします。路盤の上にワイヤーメッシュ(溶接金網)を敷き、四隅にはボイド管を設置します。なぜボイド管を設置するのかは、後々ご説明いたしますね。

 

<手順⑤>準備ができたら、コンクリートを練りましょう

今回は、ドラム缶を使ってコンクリートを作りたいと思います。コンクリートの作り方は『セメント+川砂+川砂利+水』を入れて攪拌機で混ぜるとできます。

まずドラム缶に川砂を業務用バケツで4~5杯程度とセメント1袋を入れます、次に水を業務用バケツ1杯弱を入れて攪拌機でよく混ぜます。トロトロになったら、川砂利を業務用バケツで2杯程度入れて練るとコンクリートの完成です。

路盤作り時に使用した砕石が余っていたので、業務用バケツで2杯弱をドラム缶に入れて一緒に混ぜています。そして完成したコンクリートを枠の中に流し込んでいきます。

コンクリートを流し込んだら固まる前に金鏝(コテ)を使い表面をキレイに仕上げていきます。コテで仕上げる時は、微妙な力加減と集中力が必要な作業になります!

f:id:TaKaHaShi:20190627210920j:plain

 

玄関アプローチの土間コンクリート打設

駐車場と同様の手順で進めていき土間にしたい範囲に止め枠を設置します、そしてワイヤーメッシュを敷きコンクリートを流し込みます。こちらもコンクリートを入れたらコテで表面をキレイに仕上げていきます。
アプローチは車が乗るわけではないのでコンクリート厚を5cm、砕石厚を5cmにしました。

f:id:TaKaHaShi:20190627211750j:plain

コンクリートの止め枠は、1日放置してから外してください。すぐ外してしまうとコンクリートが欠けたりヒビ割れの原因となりますので注意して下さい。

 

自然石を使ってアプローチの一部を石張りにします

こちらも同様に整地し砕石とワイヤーメッシュを敷き、止め枠を設置します。そして石を置くための下地をコンクリートで作り、翌日コンクリート下地の上に石を仮置きし、バランスを見ながら配置を決めます。

f:id:TaKaHaShi:20190627213710j:plain

 

石の配置が決まったらコンクリートを入れます

仮置きした石の下にコンクリートを入れ、ゴムハンマーで軽く叩いて高さ調整をしながら水平器で水平も確認していきます。全ての石の調整が終わったら、石の廻りにもコンクリートを入れていきます。仕上げにコテを使い表面を滑らかにしたら完成です。

f:id:TaKaHaShi:20190629100102j:image

 

駐車場の四隅に設置したボイド管

ここで「なぜ?」ボイド管を設置したのか、ご説明致します。まず埋め込んだボイド管を取り除くと土間に穴が開いたような状態になります。そこへソーラーLEDライト(埋め込みタイプ)を設置するためです。

f:id:TaKaHaShi:20190629100411j:image

ソーラーなので、配線などの電気工事は不要です。設置はとても簡単で付属のスパイクを取り付けて地面に挿したら完了。

f:id:TaKaHaShi:20190629183748j:plain

面倒な工事は不要で電気代はかからないし、簡単に設置できるのでオススメのソーラーライトです!

 

 

玄関アプローチのスペースには化粧砂利を入れます

土間と建物のスペースには白玉砂利を敷き、ソーラーLEDライトを設置しました。

f:id:TaKaHaShi:20190629100729j:image

今回、使用しました白玉砂利はスーパービバホームのガーデンコーナーで1袋:600~700円程度で購入できます。パールストーンなので太陽の光が当たるとキラキラ光って綺麗です。

f:id:TaKaHaShi:20190629100744j:plain

 

駐車場に設置したソーラーLEDライト廻りの隙間が気になってしまう!

どうしても隙間が気になってしまうので目地砂利を入れて隙間を埋める事にしました。

f:id:TaKaHaShi:20190629182547j:plain

目地砂利はスーパービバホームのガーデンコーナーで1袋:600~700円程度で購入できます。真っ白な砂利が欲しかったのですが売ってませんでした。代わりに色々な石が混ざっている、こちらを選びました。

f:id:TaKaHaShi:20190629100650j:plain

細い棒などで突っつきながら充填しました。これで見た目キレイですし、ゴミなどが入る心配もありません。

f:id:TaKaHaShi:20190629100511j:image

 

 

【まとめ】これで駐車場と玄関アプローチの工事は完了!

実際、土間にして感じたメリットは雨が降っても汚れない、歩きやすくなった、ベビーカーが通れる様になった事ですね。それにソーラーライトを設置したおかげで、夜でも歩きやすくなりました。
駐車場とアプローチを土間コンクリートにする工事をご紹介しましたが、読んで頂いたとおり業者さんに依頼しなくてもDIYは可能なので是非、参考にして頂ければと思います。

f:id:TaKaHaShi:20190629100448j:image

ソーラーライトは昼間の太陽の光で自動充電されていて暗くなると自動点灯してくれます。電球色なので、暖かい感じの光に癒されます。

f:id:TaKaHaShi:20190706175656j:plain

 

コチラの記事では、土間コンクリートに掛かる費用について詳しく書かれていますので参考になります!

exterior.nakoudo.live