Takahashi’s blog

『日々の出来事や自宅DIY』をお伝えします!

『庭のオススメ!大改造工事です。』駐車場から玄関アプローチDIYの紹介します。

ご自宅の庭について、お悩みはありませんか?

「庭が土のままで雑草が生えてきて、お手入れが大変」という方や、「砂利を敷いてるけど歩きづらい」と悩んでいる方って、いらっしゃると思います。

 

今回、私は自宅の駐車場と玄関アプローチ部分を芝生+植栽から土間コンクリート

変更する工事をしました。

 

庭などを「土間コンクリートにしたいな」と考えてる方のために施工手順や方法を

ご説明いたしますので、参考にして頂けたらと思います。

 

本来なら重機を使い作業する工程がありますがコスト削減のため、私は手作業にて工事をしています。

 

 

工事前の駐車場をお見せします。

f:id:TaKaHaShi:20190627203146j:plain

雑草が至るところに生えていますし、芝生はボロボロでした。

芝生の一部は、車のタイヤ跡で芝生が剥げていました。

思い返してみると手入れが出来てなくて、とても恥ずかしい状態でした。

 

それでは作業をご説明します。

まずは現状の芝生を剥がしていきます。

【スコップ】を使い、地道に芝生を取り除きます。

広範囲に根が張っているので掘り返すのは大変な作業です。

 

芝生を剥がした所から、土の鋤取り作業をします。

駐車場の土間コンクリート厚は10cm、土間下の砕石厚は5cmにしました。

なので現状の土は[土間コンクリート+砕石の厚み分]を鋤取りし取り除きます。

 

この作業などは重機を使うと労力の軽減や時間の短縮になりますが、

今回は手作業で施工しています。

f:id:TaKaHaShi:20190627204059j:plain

 

 

鋤取りが終わったら【砕石】を敷きます。

f:id:TaKaHaShi:20190627205028j:plain

それでは【砕石】を入れていきます。

砕石はホームセンターのスーパービバホームで購入しました。

価格は0.5m3で3,500円程度です。

少量で欲しいという方には、0.1m3から購入できますし、袋売りもしているので

オススメです。

 

砕石を敷き終わったら【タンパー】という道具を使い砕石を叩いて、

しっかり路盤を固めていきます。

 

土間コンクリート打ちの準備をします。

駐車場は面積があるので2分割にしますので止め枠を設置します。

砕石の上に【ワイヤーメッシュ(溶接金網)】を敷き、隅に【ボイド管】を設置します。

ボイド管を設置しました理由は後程、ご説明します。

 

準備ができたらコンクリートを練ります。

今回はドラム缶を使用します。

【セメント+川砂+川砂利】【水】を入れ、【攪拌機】で混ぜます。

砕石が余りそうでしたので、ドラム缶に入れて一緒に混ぜました。

練り終わったら枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。

f:id:TaKaHaShi:20190627210920j:plain

駐車場は2分割にしました。

f:id:TaKaHaShi:20190627210952j:plain

コンクリートを入れ終わったら【金鏝】を使い表面をキレイに仕上げていきます。

 

玄関アプローチの土間コンクリート打ち

f:id:TaKaHaShi:20190627211750j:plain

駐車場と同様にコンクリートを流し込んだら【金鏝】を使い表面をキレイに

仕上げていきます。コンクリートの止め枠は1日放置し翌日、外します。

 

【自然石】を頂いたのでアプローチの一部を石張りにします。

f:id:TaKaHaShi:20190627213645j:plain

f:id:TaKaHaShi:20190627213710j:plain

石の配置を決めるために、石をコンクリート上に仮置きしてバランスを見ます。

置き方ひとつで印象が変わってしまうので中々、悩んでしまいます。

 

石の配置が決まったらコンクリートを入れていきます。

仮置きした石の下にコンクリートを入れ【水平器】を使い高さを調整をします。

調整などが終わったら、次に石廻りにもコンクリートを入れていきます。

あとは【金鏝】で表面を仕上げたら完成です。

f:id:TaKaHaShi:20190629100102j:image

 

駐車場のボイド管を設置したところには、

【ソーラーLEDライト(埋め込みタイプ)】を設置します。

ソーラーなので電気の線や電気工事は不要です。

設置も簡単で付属のスパイクで地面に挿したら完成です。

f:id:TaKaHaShi:20190629183748j:plain

f:id:TaKaHaShi:20190629100411j:image

面倒な工事は不要、電気代はかからないし簡単に設置できるのでオススメです!

 

 

玄関アプローチの仕上げに、

建物と土間の空いているスペースに【白玉砂利】を敷き、ソーラーLEDライトを

2ヵ所、設置しました。

残念な事に、石張り部分を作業した日に雨+雹が降ってしまい表面が

ザラザラになってしまいました。

f:id:TaKaHaShi:20190629100729j:image

白玉砂利はスーパービバホームのガーデンコーナーで1袋、600~700円程度で

購入できます。

パールストーンは光が当たるとキラキラして綺麗です。

f:id:TaKaHaShi:20190629100744j:plain

 ソーラーLEDライト廻りの隙間には、

f:id:TaKaHaShi:20190629182547j:plain

どうしても隙間が気になってしまうので【目地砂利】を入れて隙間を埋めます。

目地砂利はスーパービバホームで1袋、600~700円程度で購入できます。

f:id:TaKaHaShi:20190629100650j:plain

見た目もキレイですし、ゴミなどが入る心配もありません。

f:id:TaKaHaShi:20190629100511j:image

 

夜の雰囲気をお見せします。

昼間の太陽の光で充電されているので、暗くなると自動点灯してくれます。

f:id:TaKaHaShi:20190706175656j:plain

f:id:TaKaHaShi:20190629100326j:image

f:id:TaKaHaShi:20190629182721j:plain

ソーラーライトを設置したおかげで、夜でも光があるので歩きやすくなりました。

 

これで駐車場と玄関アプローチの工事は完了です!

f:id:TaKaHaShi:20190629100448j:image

先日、ご近所の方に『キレイになったわね。』と声をかけて頂きました。

嬉しい限りです、頑張ったかいがありました。

 

今回は、駐車場と玄関アプローチの工事をご紹介しましたが、まだまだ庭の

DIY工事をしていく予定なので、次もお伝えできたらと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!